代表ご挨拶

代表取締役社長 杉浦 順 株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツは、2006年4月に国際協力支援を行う中小企業診断士により設立された会社です。創業以来今日まで、中小企業振興の専門家集団として、外務省、経済産業省および厚生労働省など各省庁や、JICA/ODA事業、AOTS/海外人材育成事業、JETRO/海外展開支援などからの受託を中心に手掛けて参りました。これらの事業の直接目的は発展途上国の中小企業振興、人材育成、海外展開のための調査・支援などですが、事業遂行にあたり日本が長年かけて育んできた「人を大切にする経営」「こだわりのものづくりの心」を世界に発信して、これから発展をする国々が自立的に国づくりを進められるようにお手伝いをしてまいりました。
 このような業務を通じて築き上げてきた厚い信頼に裏打ちされた弊社の人脈ネットワークは、アジア各国、中南米、アフリカ、中東、ロシアやNIS諸国など世界40ヶ国以上に拡がっております。

 我が国経済は、緩やかな回復が続くことが期待されるものの、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影響等に留意するなかで、引き続き少子高齢化による構造的な国内マーケットの縮小、労働力不足対応として2016年6月制定の「日本再興戦略2016」を継続する必要があります。その中の重要な柱の一つが「海外の成長市場の取り込み」です。その中身は以下の4項目です。
①TPPを契機にした中堅・中小企業の海外展開支援
・「新輸出大国コンソーシアム」,・JICA/SDGs事業
②インフラシステム輸出の拡大
・「質の高いインフラシステム輸出拡大イニシアティブ」
③対内直接投資誘致の強化
・中堅・中小企業と外国企業との出資・業務提携促進
④経済連携交渉、投資協定・租税条約の締結・改正の推進
・日EU・EPA(発効済み)、RCEP(交渉中)、日中韓FTA(交渉中)

 弊社は海外事業で育んできた海外人脈ネットワークを活用して、従来から中小企業診断士としての豊富な経験から中小企業ならではの課題を踏まえた海外進出のお手伝いをさせて頂いております。
 インフラシステム輸出では、発展途上国での工業団地開発調査を通じて、中小企業でも安心して進出できる日本品質のインフラシステムを備えた工業団地開発計画策定に貢献しています。
 対内直接投資誘致に関しては、海外企業の日本市場開拓支援や日本企業とのビジネスマッチングを実施しており、具体的なビジネス実績を挙げています。
 海外からは日本の「経営」「ものづくり」「おもてなし」に一層の関心が集まっております。弊社は外務省やJICAの本邦研修など様々なビジネス日本ツアーを企画・実施しており、大変好評を得ております。さらに観光などのインバウンドを活用した国内経済活性化や地方創生にも取り組んでおり、MICEやDMCに関する調査や企画支援を行っております。

 このように海外をキーワードとして事業を拡げてきた弊社も今年は14年目に入ります。従来事業の拡大のみならず次の柱となる新規事業の立ち上げが急務となっています。創業の理念である「世界と日本の橋渡しを通じて、共に発展をしていく」ことを大切にして、新たなビジネスにも積極的にチャレンジをしていく所存でございます。

2019年4月
代表取締役社長 杉浦 順
ページ先頭へ