代表ご挨拶

「国際開発ジャーナル」2015年8月号  株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツは、2006年4月に国際協力支援を行う中小企業診断士により設立された会社です。創業以来今日まで、中小企業振興の専門家集団として、外務省、経済産業省および厚生労働省など各省庁や、JICA/ODA事業、HIDA/海外人材育成事業、JETROなどからの受託を中心に手掛けて参りました。これらの事業の直接目的は発展途上国の中小企業振興、人材育成、海外展開のための調査などですが、事業遂行にあたり日本が長年かけて育んできた「人を大切にする経営」「こだわりのものづくりの心」を世界に発信して、これから発展をする国々が自立的に国づくりを進められるようにお手伝いをしてまいりました。
 このような業務を通じて築き上げてきた厚い信頼に裏打ちされた弊社の人脈ネットワークは、アジア各国、中南米、アフリカ、中東、ロシアやNIS諸国など世界40ヶ国以上に拡がっております。

 我が国においては、アベノミクスが注目を浴びて、規制改革やイノベーションによる成長戦略への期待が高まり、日銀による物価安定目標の設定と量的・質的金融緩和による円安と、デフレ脱却が見えてまいりました。日本政府はこの流れを確かなものにするために、成長戦略の重要な柱として中小企業の海外市場進出を後押しする施策を繰り出しております。弊社は海外事業で育んできた海外人脈ネットワークを活用して、中小企業診断士としての豊富な経験から中小企業ならではの課題を踏まえた海外進出のお手伝いをさせていただき好評を得ております。

 一方で日本ブームと円安効果もあり、世界各国から日本を訪問する富裕層は大幅に増加しております。彼らの関心は自然・文化・食・アニメなどの観光に留まらず、特に企業経営者は日本の「経営」「ものづくり」「おもてなし」に一層の関心を持ち始めております。弊社は今までに外務省日露支援室の訪日研修やJICAの本邦研修などで海外の政府職員、関連産業振興支援者や企業経営者を対象とした様々な日本ツアーを実施しており、研修生に通常のツアーでは見られない企業の現場視察とその経営者との質疑応答などの機会を提供して大変好評を得ております。弊社ではこのノウハウを活かして、日本に関心のある海外企業家を対象として、ビジネス研修ツアーを企画実施する「インバウンド・ビジネス」を立ち上げており、国内外の企業家の橋渡しを支援してお互いのビジネスに役立つような仕組み作りに取り組んでおります。

 このように海外をキーワードとして事業を広げてきた弊社も今年は10年目に入ります。この機会に新たな気持ちで次の10年を構想するために、2015年4月から新たな経営体制をスタートいたしました。創業の理念である「世界と日本の橋渡しを通じて、共に発展をしていく」ことを大切にして、新たなビジネスにも積極的にチャレンジをしていく所存でございます。
 弊社が今日まで発展をしてこられましたのも関係する皆様の一方ならぬご支援のおかげでございます。今後新体制になりましても倍旧のご支援を賜れますように社員一同一層の努力を続ける所存でございますので、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 杉浦 順
2015年5月
代表取締役社長  杉浦 順
ページ先頭へ