実績紹介:北米・中南米地域 日本と中南米の経済連携強化に向けた技術協力支援に係る情報収集・確認調査

河越丈雄■ 受注先  (独)国際協力機構(JICA)
■ 実施期間 2013年3月~2013年7月
■ 担当業務 北米・中南米地域 (現地調査:メキシコ、コロンビア、ペルー、チリ)(文献調査:パナマ、コスタリカ)
■ 担当者名 河越丈雄、清水春樹、長坂保男、石川勝徳

■ プロジェクト内容

  1. 太平洋同加盟国(上記現地調査対象国)とオブザーバー国(上記文献調査国)の経済状況調査、海外との経済連携の現況、それらへの我が国企業の進出状況等を調査。特にEPA関連の「ビジネス環境整備委員会」の活動状況を確認。
  2. 進出企業の現地での経済活動上の課題、障壁、要望等のヒアリングと整理。
  3. 広域的な技術協力可能性への具体案の提案。
  4. 上記に関する調査報告書の作成と、報告。

<地域全般>
 緯度上で赤道を挟み南北に広がる熱帯で、都市や産業は太平洋側に迫るアンデス山脈の中腹1500~2500mの涼しい高地にあるので、交通・運輸アクセスに難がある。各国共に、工業化に伴う技能職不足が悩み。報告では各国の人材育成策を提言した。

<メキシコ>
 1994年NAFTA参加以降、自動車、電機メーカー中心に日系企業が進出。電機産業は最近韓国勢の米国市場席捲により撤退企業が増加。一方、日系自動車産業は増加中。日本人商工会議所登録企業数は2013年4月現在280社(未登録含めるとその倍)最近では、自動車メーカー下請け、Tier1の進出が顕著。Tier2は現地化が望まれる。急激な工業化により、工場管理者、労働者が不足。管理職層の転職、高給化が顕著。製造業の人材育成が急務である。技能職では、特に金型工が不足。

<コロンビア>
 ボゴタ2600m、メデジン1500mと都市と企業は、高地に集中。
メキシコ湾と、太平洋の双方に面する地理的優位性が、内陸交通インフラ不備のため活かされていない。横浜港からボゴタ迄の輸送コストはメキシコ迄の2倍かかってている。(JETRO調査)また、インフラ整備のための官民連携PPPによる、コンセッション方式が制度不備のため上手く利用できない。進出日本企業数は2012年現在37社。

<ペルー>
 農産品の加工、輸出のための物流に課題がある。日系進出企業数は39社。

<チリ>
 主な産業は資源開発である。進出日系企業数は40社。工業分野と、農林水産分野である。

このレポートページを閉じる
Copyright © WBA-World Business Associates Co., Ltd. All rights Reserved.