実績紹介:スリランカ国 全国5S・KAIZENコンテスト

江崎 秀之■ 受注先  日本・スリランカ技術文化協会 (JASTECA)
■ 実施期間 2015年2月
■ 担当業務 審査委員長
■ 担当者名 江崎 秀之

■ プロジェクト内容 
 日本・スリランカ技術文化協会(JASTECA)では、国内企業を対象とした5S・KAIZENコンテストを毎年実施している。19回目に当たる今年は、全国から77社の応募があった中、審査委員長として1次審査を通過し決勝ラウンドに残った20社を訪問し、審査・採点の上、優秀企業を選定した。
各企業では、5S・KAIZENへの取り組みに関するプレゼンテーションを受けた後、現場の実査及び成果証憑の確認作業を実施した。
JASTECAとの協議の結果、女性用下着の部品メーカーや衣料販売店、水力発電所を今年度の優秀企業に選定した。

応募企業の5S実施チームと共に記念撮影■ プロジェクトを通して感じた事 
 スリランカからは、これまで3000人以上が日本に派遣されてAOTS(現HIDA)で研修を受けている。彼らが5SやKAIZENを自ら実践して母国で経営者として成功をおさめ、JASTECAを通じてその経験を広く伝えていた。応募企業のレベルの高さにその歴史を見てとることができ、日本的経営手法がこの地で着実に根付いていることに強い感銘を受けた。

■ 日刊工業新聞 記事  2015年5月14日付 
日刊工業新聞 記事  2015年5月14日付

このレポートページを閉じる
Copyright © WBA-World Business Associates Co., Ltd. All rights Reserved.