実績紹介:「海外への販路開拓」

長坂 保男■ 受注先  中小企業大学校(仙台校)
■ 実施期間 2013年10月22~23日
■ 担当業務 研修の企画・運営
■ 担当者名 長坂 保男、廣井 正義

■ 研修内容
海外への販路開拓受講企業数、人数:15企業、15名参加。
業種:製造業8社、卸・小売業2社、印刷、物流、会計業3社、農業法人2社
職種:代表者、役員11名、管理職1名、管理者候補等2名性別:男性14名、女性1名 食品サービス業の参加が多かった。

 ゼミは4班構成で、グループ演習で適当な構成人員で、全員から質問が活発にでて、効果的な研修運営が可能であった。また経営者・管理職レベルからの参加が多く、海外販路開拓への意識が高かった。
 研修構成として、座学~演習(参加型グループワーク)~座学(実習を含む)というメリハリの効いた研修モデルが効果を出していて、研修の狙いは高いレベルで達成できていると感じた。

このレポートページを閉じる
Copyright © WBA-World Business Associates Co., Ltd. All rights Reserved.